品質管理と人材育成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数912
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    平成20年6月14日に実施された特別講義において、○○先生より、「品質管理のあるべき姿」についてお話しをいただいた。今回、○○先生が繰り返し述べられていたことは、以下のような内容である。
    『品質管理はあくまでも「人」が行うものであり、適正な効果をあげるためには人の「感性」が活かされた品質管理でなくてはならない。したがって「品質管理」は「品質感理」と認識することができる』
    つまり、品質管理は、確かな感性を持った「人」を土台として成り立っており、その意味では、「品質管理」自体が、「人づくり」の一翼を担うものだと考えることができる。
    本レポートの前半部では、講義に要約を基に論じるが、私が興味や疑問を抱いた部分については追加調査によって得た情報を付加する。また、後半部では、先述した品質管理と人づくりの関係性に基づき、「QC活動と人材育成」をテーマに論じる。
    講義の要約
    日本における品質管理の歴史
    日本に「品質管理」の概念が導入されてから、約60年が経過し、様々な試行錯誤の結

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    品質管理 (品質理) 活動を活かした 人材育成
    政治経済学部 経営学科 0年
    (AAAA0000) 山田 太郎
    はじめに
    平成20年6月14日に実施された特別講義において、○○先生より、「品質管理のあるべき姿」についてお話しをいただいた。今回、○○先生が繰り返し述べられていたことは、以下のような内容である。
    『品質管理はあくまでも「人」が行うものであり、適正な効果をあげるためには人の「感性」が活かされた品質管理でなくてはならない。したがって「品質管理」は「品質感理」と認識することができる』
    つまり、品質管理は、確かな感性を持った「人」を土台として成り立っており、その意味では、「品質管理」自体が、「人づくり」の一翼を担うものだと考えることができる。
    本レポートの前半部では、講義に要約を基に論じるが、私が興味や疑問を抱いた部分については追加調査によって得た情報を付加する。また、後半部では、先述した品質管理と人づくりの関係性に基づき、「QC活動と人材育成」をテーマに論じる。
    講義の要約
    日本における品質管理の歴史
    日本に「品質管理」の概念が導入されてから、約60年が経過し、様々な試行錯誤の結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。