利益計画モデル(意思決定論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数445
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    今回のゼミのテーマであった「利益計画」とは、次の期間の売上高を予測すると共に、必要利益(目標利益)を算定し、その達成に向けて、売上高と費用を計画することである。
    企業における「利益」は、経営活動が有効・健全であるかどうかを測定する一つ重要な尺度である。また、将来的に生じる「費用」を補償し、企業の維持・存続を図るという役割を担うと共に、企業の革新と成長に必要な「資金」を生み出すという機能を有している。
    すなわち、企業がゴーイングコンサーンを実現するために、絶対的に必要なファクターが「利益」であり、その観点から、今回のゼミで学んだ「利益を生み出すための具体的な計画をシミュレーションする(利益計画モデル)」という手法は、非常に重要性が高いといえる。
    以上のような認識に基づき、本レポートでは、今回のゼミで学んだ5項目(「①利益計画モデルの手順の整理」「②What if分析」「③目標達成のための分析」「④統計解析」「⑤図解の有用性」)について、再度確認し、学習内容の理解

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    利益計画モデルについて
    ~2008年5月13日及び5月20日のゼミで学んだこと~
    (AAAA0000) 山田 太郎
    はじめに
    今回のゼミのテーマであった「利益計画」とは、次の期間の売上高を予測すると共に、必要利益(目標利益)を算定し、その達成に向けて、売上高と費用を計画することである。
    企業における「利益」は、経営活動が有効・健全であるかどうかを測定する一つ重要な尺度である。また、将来的に生じる「費用」を補償し、企業の維持・存続を図るという役割を担うと共に、企業の革新と成長に必要な「資金」を生み出すという機能を有している。
    すなわち、企業がゴーイングコンサーンを実現するために、絶対的に必要なファクターが「利益」であり、その観点から、今回のゼミで学んだ「利益を生み出すための具体的な計画をシミュレーションする(利益計画モデル)」という手法は、非常に重要性が高いといえる。
    以上のような認識に基づき、本レポートでは、今回のゼミで学んだ5項目(「①利益計画モデルの手順の整理」「②What if分析」「③目標達成のための分析」「④統計解析」「⑤図解の有用性」)について、再度確認し、学習内容の理解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。