観光ビジネスの「負の特異性」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数703
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    21世紀は「観光の時代」ともいわれ、観光産業は重要な基幹産業の1つとして世界経済を支えている。わが国においても、観光産業に寄せられる期待は非常に大きい。
    日本はこれまで、「モノづくり立国」として経済成長を遂げてきたが、今後も持続的に発展していくためには、新たな需要と雇用を創出する観光産業を核として、「観光立国」へ転換することが強く求められる。したがって、観光産業を構成する「観光ビジネス」は、連携・協力しながら、観光需要を創造し、長期的に安定した観光市場を維持・拡大していく責務を担うものである。
    しかし、観光ビジネスの「特異性」、すなわち「非同質性」および「主観性の欠乏」、「行政の多元性」等が、その実現の難易度を高めている。
    以上の認識に基づき、本レポートでは、観光ビジネスとは何かを明らかにした上で、その特徴を示すとともに、観光ビジネスの「負の特異性」が及ぼす影響について考察する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治経済学部 経営学科 0年
    (AAAA0000) 山田 花子
    観光ビジネスの 「負の特異性」
    はじめに
    21世紀は「観光の時代」ともいわれ、観光産業は重要な基幹産業の1つとして世界経済を支えている。わが国においても、観光産業に寄せられる期待は非常に大きい。
    日本はこれまで、「モノづくり立国」として経済成長を遂げてきたが、今後も持続的に発展していくためには、新たな需要と雇用を創出する観光産業を核として、「観光立国」へ転換することが強く求められる。したがって、観光産業を構成する「観光ビジネス」は、連携・協力しながら、観光需要を創造し、長期的に安定した観光市場を維持・拡大していく責務を担うものである。
    しかし、観光ビジネスの「特異性」、すなわち「非同質性」および「主観性の欠乏」、「行政の多元性」等が、その実現の難易度を高めている。
    以上の認識に基づき、本レポートでは、観光ビジネスとは何かを明らかにした上で、その特徴を示すとともに、観光ビジネスの「負の特異性」が及ぼす影響について考察する。
    「観光産業の動向」と「観光ビジネスに寄せられる期待」
    今日の観光産業は、世界大規模の産業に成長しており..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。