映画の批評:「大いなる陰謀」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数347
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    邦題 大いなる陰謀 原題 LIONS for LAMBS 監督 ロバート・レッドフォード キャスト ロバート・レッドフォード/メリル・ストリープ/トム・クルーズ
    アンドリュー・ガーフィールド/デレク・ルーク/マイケル・ベーニャ 上映時間 1時間32分 ストーリー 未来の大統領候補のオフィス、ある大学教授のオフィス、そしてアフガニスタンの戦地 ― 同じ時間に異なる場所で繰り広げられる野望、信念、そして希望が、胸張り裂ける程の切ないクライマックスへと集約されていく…。
    大統領への野望を抱く上院議員アーヴィング(トム)は、世論の支持を得るための戦略として、ニュース番組ジャーナリスト、ロス(メリル)に言葉巧みに対テロ戦争の情報を操作しながら売り込みをかける。その戦略の裏に潜む<仕組まれた真実>を感じ取った彼女は、すべてを明らかにする事が自分の使命だと決意する。同じ頃、大学教授マレー(レッドフォード)は、無気力な日々を送っている生徒を何とか変えさせようと、かつての教え子の生き方を引き合いに出し、生きる事とは何かについて説いていく。同時刻、そのかつての教え子、アーリアンとアーネストは、アーヴィング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。