JR東日本の「Suica事業」展開戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,318
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    JR東日本の 「Suica事業」 展開戦略

    はじめに
    2005年、我が国が人口動態の統計をとり始めて以来、初めて出生数が死亡数を下回り、総人口が減少に転ずる「人口減少社会」が到来した。この傾向が継続すると、人口減少は加速度的に進行し、21世紀半ばには、総人口が1億人を割り込み、2100年の総人口は現在の半分以下になると見込まれている。 急速な人口減少は、国家や社会の存立基盤に関わる問題であると同時に、経済産業や企業経営に大きな影響を及ぼすものである。特に、社会的なインフラであり、通学・通勤の利用者がその需要の大半を占める、鉄道産業は厳しい経営局面を迎えている。そのような現状の中で、鉄道産業のリーダー企業 のひとつである「東日本旅客鉄道株式会社」(以下、JR東日本と記述する)は、新たな事業ドメイン の展開により、鉄道事業の将来的な減収を補填する戦略を目指している。その新たな事業ドメインとは、いまや交通系電子マネーの代表格と認知されている「Suica」の関連事業である。
    本レポートでは、JR東日本の経営状況と電子マネー市場の動向を確認した上で、今後、同社がどのように「Suica事業」を展開していくべきかについて、戦略的な視点から考察する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    JR東日本の 「Suica事業」 展開戦略
    学生証番号 0000000
    氏名 山田 花子
    はじめに
    2005年、我が国が人口動態の統計をとり始めて以来、初めて出生数が死亡数を下回り、総人口が減少に転ずる「人口減少社会」が到来した。この傾向が継続すると、人口減少は加速度的に進行し、21世紀半ばには、総人口が1億人を割り込み、2100年の総人口は現在の半分以下になると見込まれている。 急速な人口減少は、国家や社会の存立基盤に関わる問題であると同時に、経済産業や企業経営に大きな影響を及ぼすものである。特に、社会的なインフラであり、通学・通勤の利用者がその需要の大半を占める、鉄道産業は厳しい経営局面を迎えている。そのような現状の中で、鉄道産業のリーダー企業 のひとつである「東日本旅客鉄道株式会社」(以下、JR東日本と記述する)は、新たな事業ドメイン の展開により、鉄道事業の将来的な減収を補填する戦略を目指している。その新たな事業ドメインとは、いまや交通系電子マネーの代表格と認知されている「Suica」の関連事業である。
    本レポートでは、JR東日本の経営状況と電子マネー市場の動向を確認した上で、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。