教育の原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数454
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の目的と、教育内容がどのような関係にあるかを述べるにあたってまず、教育の目的について述べてみる。
    人間は、「人間が人間になるために、教育する」という教育の必要性がある。したがって、教育の目的というのは、「人間を人間にする。」といえる。では、「人間を人間にする」という教育の目的とは、どのようなものでなければならないかが問題となる。そこで、西洋教育思想史上に登場する種々の教育観および、教育思想の立場において「教育の目的」がどのようなものか検討してみる。
    ここでは、人間のあらゆる自然素質を調和的に、また合目的的に発展させ、人間としての使命を実行させるために教育するとしているカントと、たえず現在の生活経験を反省して新しい生活経験を創造し、不断に活発に経験の改造を学び、成長していく人間を育成するために教育するとしているデューイを採り上げてみる。
    まずカント(普遍的な教育の目的を設定する立場)は、「人間本性の完全性」の理念を教育の目的とし、この理念を、時代を超え場所を超越し、したがって、経験を超えた、人間にとっての永遠の理想の課題とみなしたのである。カントによれば、人間は自然的素質、技術的素質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。