健康スポーツ第二分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数258
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     身近なスポーツ環境について水泳や、水泳を学ぶ環境についてとりあげたい。まずは年齢である。現在のスイミングスクールには二歳、三歳からはじまり上は七十歳をこえる人までが通っている。これは欧米のスポーツをはじめる年齢基準を大きく下回っている。水泳は八歳なので、五、六年もはやい。これの一番の問題点は、保護者がこのことを知らないということである。ただの水なれ程度ならまだ良いのだろうが、選手育成を行っているようなスイミングスクールでは幼児のうちからトレーニングをしているところもある。これでは、子供の身体の成長を阻害しかねない。そして、幼児のうちから習わせたほうが良いという風潮すらあるほどだ。これからの保護者や、インストラクターの方々はこの点を十分に理解し、スポーツの楽しさを遊ばせながら伝えていってほしいものである。
     次に、スポーツをする目的である。成人の方々のするスポーツには理由はいろいろあるだろうが、自主的に、自分がやりたくてしている人が多いだろう。しかし、子供の多くは違う。もちろんやりたくてやっている子供もいるが、親の都合でやらされている子も多い。スポーツがすきでやっている子はすくないのか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。