the purple rose of cairo

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数429
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    The Purple Rose of Cairo
    虚構と現実
     映画とは人間が創り出した虚構の世界である。「創り出されたもの」「変わり得ないもの」と理解しているが故に、映画には一種の安定感が存在するが、実体を持たないこと(=虚構)への不安感も同時に存在している。逆に現実とは、常に変わりゆくという不安定感を持ちながら、実体を持って生きているという安心感がある。虚構と現実は安定と不安定を同時に併せ持つというパラドックスを持っている。そういった虚構の特質を持ったトム・バクスターと、現実に生きるセシリア。虚構と現実の同化、対立が描かれることによって浮き彫りにされる虚構の価値というものを、メタフィクション要素について言及しながら考察していきたい。
    ・”The Purple Rose of Cairo”のメタ映画的要素
     メタ映画とは、簡潔に言うと「映画についての映画」である。この作品の中でも映画は大きなテーマとなっている。セシリアの通うシアターで”The Purple Rose of Cairo”という映画が上映されており、それを私たちが映画というフィルターを通して見ているという階層構造になって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。