道徳教育の研究 設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数309
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の道徳教育の課題について述べよ。
     
    「道徳と道徳教育」
    道徳とは一体どういうものであろうか。広辞苑では「道徳」は「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の道徳教育の課題について述べよ。
     
    「道徳と道徳教育」
    道徳とは一体どういうものであろうか。広辞苑では「道徳」は「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」と述べられている。
    内面的なもの、とここでは記されているが、道徳は社会全体にも存在するものである。決して特定の人だけのものではない。世界規模で見れば文化的相違により「良い・悪い」が逆転するものもあるが、基本的にどのような人にも、
    どのような場所にもあてはまるものである。故に法による外面的強制力はないとしても、社会で道徳から外れた行動を取れば、第三者からの評価や信頼度が低下してしまうという外的ペナルティが科せられることになる。つまりは内面的でもあり外面的でもある、と考える。一人という基準で見れば道徳は内面的であり、社会という基準で見れば外面的であると言えよう。成員相互間の行為を規制するもの、言い換えれば道徳は社会の秩序を守るためにある倫理的規範であり、またルールである。そして道..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。