生徒指導・進路指導の研究 設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数314
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小学校において教育相談を行う場合、
    どのような点に注意しなければならないか。
    教育相談というものは実に様々なケースが考えられ、生徒やその生徒を取り巻く環境が違えば、行う教育相談もその内容もまるで変化することになる。
    まず教育相談には、問題を抱えた児童・生徒に対カウンセリングによって問題解決を図ったり、心のケアをおこなう「治療的教育相談」、勉強方法が分からないという子どもの悩みに対して個別に指導を行うことや、将来の進路についてともに考える「開発的教育相談」、不登校やいじめなどの問題が起こらないように、また問題が大きくなることを防ぐために、教師が生徒に働きかける「予防的教育相談」の3つの教育相談活動がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談を行う場合、
    どのような点に注意しなければならないか。
    教育相談というものは実に様々なケースが考えられ、生徒やその生徒を取り巻く環境が違えば、行う教育相談もその内容もまるで変化することになる。
    まず教育相談には、問題を抱えた児童・生徒に対カウンセリングによって問題解決を図ったり、心のケアをおこなう「治療的教育相談」、勉強方法が分からないという子どもの悩みに対して個別に指導を行うことや、将来の進路についてともに考える「開発的教育相談」、不登校やいじめなどの問題が起こらないように、また問題が大きくなることを防ぐために、教師が生徒に働きかける「予防的教育相談」の3つの教育相談活動がある。つまり教育相談はただ問題を抱えた児童・生徒のみを対象とするのではなく、全ての児童・生徒を対象として行なわれるべき教育活動なのである。現在の学校を取り巻く様々な問題の中で、どのような注意を払って教育相談を行えばよいのか、ここでは「いじめ」問題を取り上げて小学校における教育相談の注意点について述べていくことにする。
    ○まず教育相談を行うにあたり基本的な前提となるのは、「教師が生徒一人一人を理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。