教育方法学第2設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数547
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、
    その社会にあっては知識を扱う教育は極めて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
    パーソナルコンピュータやインターネットの爆発的な普及により、現在はTV・ラジオ・新聞が三大情報源であった昔と比べて段違いに情報が溢れかえっており、今や子供(だけではないが)には情報の吸収だけでなく、情報を「取捨選択する能力」を身につけさせるよう叫ばれるまでになっている、といった状況である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、
    その社会にあっては知識を扱う教育は極めて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
    パーソナルコンピュータやインターネットの爆発的な普及により、現在はTV・ラジオ・新聞が三大情報源であった昔と比べて段違いに情報が溢れかえっており、今や子供(だけではないが)には情報の吸収だけでなく、情報を「取捨選択する能力」を身につけさせるよう叫ばれるまでになっている、といった状況である。こうしたメディア機器の普及は我々に多大な情報・知識をもたらしてくれる。またパソコンを扱う技術の有無、ソフトの知識などが、そのまま社会へ出る際に有利・不利に繋がっていくという点もある。
    (ブラインドタッチ・エクセル・ワード・会計ソフト等)
    故に学校においても、こうした機器を教育メディア機器として設置する所が急激に増えている。特に私立学校に顕著であるが、そうした環境を整える
    ことで競争しあっている。こうした機器は学校において家庭において、また社会においても、もはや無くてはならないものとな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。