教育相談の研究 設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数346
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校カウンセリングの意義、
    方法および今後の課題について述べなさい。
    今日学校が抱える様々な問題である、「いじめ」・「不登校」・「学級崩壊」などは、正に現代の社会を反映したものであり、もはや学校内部だけの問題ではないことは明らかである。こうした問題は、家庭・地域・学校相互の連携を強化し、「児童・生徒一人一人の理解を深める」ことに基づいて、「社会全体の教育力」を高めることによってのみ解決されると考えられる。  

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、
    方法および今後の課題について述べなさい。
    今日学校が抱える様々な問題である、「いじめ」・「不登校」・「学級崩壊」などは、正に現代の社会を反映したものであり、もはや学校内部だけの問題ではないことは明らかである。こうした問題は、家庭・地域・学校相互の連携を強化し、「児童・生徒一人一人の理解を深める」ことに基づいて、「社会全体の教育力」を高めることによってのみ解決されると考えられる。  児童・生徒は、もともと個性を持った人間であり、その価値観や人格は、現代においてはより多様なものになってきている。従って様々な問題を解決するために、「心」の専門家であるカウンセラーの手によってできるだけ児童・生徒理解を深めることが必要である。こうした協力を得て、教師は生徒指導や教育相談を、より充実したものとすることができる。この点がスクールカウンセラーのもっとも大きな意義であると考えられる。
    このようなスクールカウンセラーの具体的な効用は、
    「児童生徒・保護者への直接的な援助」
    「学校や教師との連携」
    「専門家と連携することで、教師も少なからずカウンセリングに有効な能力を習得できる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。