English movie

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数328
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「チャーリーとチョコレート工場」は、ファンタジー映画でありながらとても風刺的な作品である。また親子愛を重要なテーマに置き、介護の苦労などの問題も盛り込んだ、社会、経済、倫理に訴えかける、奥の深い作品となっている。この作品に出てくる4人の子供は、飽食・ゲーム脳・甘やかし・勝ち負け主義という、現代の子供における問題を提起している。また主人公のチャーリーは優しく、家族を大事にするという、理想の子供像として描かれている。性格の良くない子供たちが脱落していくという内容のなかで、俳優としてつかわれているのはすべて白人である。黒人や東洋人をつかって性格の良くない子供たちを描くのはさすがに気が引けたのだろう。また、白人に対する風刺でもあるのか。
    「チャーリーとチョコレート工場」は原作の本があるが、映画では歌、合成画像、大掛かりなセットなどが盛りだくさんで、活字では表現できない部分を、映像を有利につかって夢の世界を表現している。チョコレート工場では中にチョコレートの川が流れ、リスがナッツを割り、羊の毛が材料になり…と想像力あふれる内容になっているが、現代の映像技術がその世界をうまくつくることができている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。