書誌学レポートテスト

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数551
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    Ⅰ、刊本出版の動機(趣味的出版)
      
     刊本出版の動機には4つあり、①滅罪功徳、②宗派のテキストの公布、③趣味的出版、④利潤の追求がある。今回は③趣味的出版について述べたいと思う。
     まず趣味的出版とはどういうものか。それはどこまでが道楽で、どこまでが商売かの区別が難しいものをいう。
     その具体例として饅頭屋本「節用集」がある。
     饅頭屋本「節用集」は、林宗二(まんじゅうや宗二、林逸)が刊行した辞書である。
     林宗二とは奈良と京都で饅頭の製造販売をしている人で、歌人・歌学者でもある。
     三条西実隆・清原宜賢・宗祇に和歌・連歌等を学び、牡丹花消柏より古今伝授を受けた。
     著書には源氏物語注釈書..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。