障害者福祉論 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数294
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『障害者福祉施策の概要について述べよ。』
     現在、わが国において身体障害者、知的障害者および障害児への福祉施策は在宅と施設を中心として行われている。
    このような現状の中で障害者福祉施策の概要を、身体障害者福祉、知的障害者福祉、障害児福祉、および精神障害者福祉のそれぞれについて以下に説明していく。
    【身体障害者福祉施策の概要】
     身体障害者福祉法は、1949(昭和24)年12月に制定され、時代の変化とともに改正を繰り返しながら今日に至っている。この法律は、総則、更生援護、事業及び施設、費用、雑則並びに附則から構成されている。
     身体障害者のための福祉施策においては、利用者がその施策の対象者であることを明確にするために、身体障害者手帳の交付を行っている。身体障害者手帳は申請に基づいて交付されるものである。交付を受けた者は在宅福祉サービス、施設福祉サービス等を通して自立と社会経済活動への参加の促進が図られることとなっている。
     身体障害者への在宅を中心とする施策の中には、都道府県と指定都市の行う事業と市町村の行う事業とに分けられている。都道府県と指定都市の行う事業には、障害者自立支援・社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。