在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数458
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について』   印刷済み
    1.在宅福祉サービスの体系
     在宅福祉サービスとは、地域社会の中で居宅において生活する高齢者に対して、市町村が主体となって実施提供される様々なサービスである。ホームヘルプサービス、ショートステイ、デイサービスなどを中心に整備拡充が図られている。寝たきりの状態にある高齢者が特別養護老人ホームや養護老人ホームを利用しなくても在宅サービスを活用することにより、家庭を基盤とした地域社会での生活が継続できるような条件を整えるものである。さらに、福祉用具(車椅子、特殊ベッド、緊急通報装置)の給付、配食サービスや訪問入浴サービスなどがあり、今後は訪問介護サービスのさらなる拡充が期待されている。
     現在、在宅で生活している高齢者の居住形態としては、一人暮らし、夫婦のみ、三世代世帯のように多様な形態をとっている。また、親族や友人・知人との密接な関係が維持できている場合もあれば、孤立的生活を余儀なくされている場合もある。住居についても、1戸建ての住宅居住者、借家居住者、アパートなどの集合住宅居住者など多様である。経済的にも貧富の差はかなり大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。