ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数474
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『ライフサイクルの変化と高齢者福祉について』    印刷済み
     わが国では、大正時代以降から第二次世界大戦の終わり頃まで、人生50年時代と言われていたが、その後の経済成長に伴って長寿社会への歩みを始めたのである。2005年時点での平均寿命は、男性は78.79歳、女性は85.75歳となっている。
     このような急激な社会の変化は、人間の一生のライフサイクルに大きな変化を与えたのである。
     第一には、晩婚化になったことである。男性も女性も初婚年齢が高くなっている。原因として考えられることは、男女ともに社会へ出て働くようになり、結婚する年齢が高くなったということである。さらに最近では、結婚そのものをしない男性、女性が増えてきている。「結婚することが女性の幸せ」と言う価値観は喪失してきているのである。
     第二には、晩婚化も原因のひとつとして考えられる、少子化の現象である。一人の女性が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率も、2005年には1.26と過去最低となった。2006年には1.32となり、6年ぶりに上昇はしているが、大正期には平均5人だったことを考えると大幅に減っていることがわかる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。