医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数558
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『医療保険制度の概要について』
    印刷済み
     医療保険制度を大きく、仕組みと課題について分けて考え、まとめていく。
    1.医療保険制度の仕組み
    [1.医療保障制度の目的]
     医療保障の目的は、国民が「健康で文化的な生活を営む」ために、病気・傷病・出産などの際、必要な医療サービスを受ける機会を平等に保障することである。また、医療保障が必要な理由としては、けがをしたり病気になったりした時に働くことできず収入が減って貧乏になること、つまり傷病に伴う貧困の解消のためである。
    [2.医療保険の仕組み]
     医療保険は、保険料を支払って、保険給付を受ける被保険者、被保険者から保険料を受け取り、被保険者に医療サービス給付を提供する責任を持つ保険者から成り立っている。実際に医療サービス(診察、手術、注射等)を提供するのは医療機関である。医療保険は以上のような三者からなる仕組みとなっている。
     そして、医療保険は一般的な保険と異なり、保険金という形ではなく、保険給付として医療サービスという物やサービスを現物給付として提供していくものである。
     医療機関には、保険医として保険者との間で定められた取り決めに従っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。