社会保障の役割と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数808
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『社会保障の役割と機能について』
    印刷済み
     社会保障とは、国家が国民の生活を保障するものである。イギリスの有名な政治家であるチャーチルは、これを一言で説明し、「ゆりかごから墓場まで」とした。すなわち、人が生まれてから死ぬまでの一生を通じて、国家が国民の生活の保障を行うことである。
     具体的に社会保障制度を説明すると、以下のようになる。
     社会保障制度は、大きく分けると①狭義の社会保障、②広義の社会保障、③社会保障関連制度に分けることができる。
     狭義の社会保障の中には、生活保護に関連する公的扶助、高齢者や児童などに関連する社会福祉、年金・医療・介護などに関連する社会保険、さらに公衆衛生及び医療、老人保健がある。広義の社会保障には、狭義の社会保障の内容に加えて、恩給、戦争犠牲者保護が含まれる。そして、社会保障関連制度には、雇用(失業)対策、住宅等がある。
     このような社会保障を社会保障制度審議会では定義づけをして、その内容は「いわゆる社会保障制度とは、疾病・負傷・分娩・廃疾・死亡・老齢・失業・多子その他困窮の原因に対し、保険的方法(社会保険)または、直接公の負担(税金)において経済保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。