間接援助技術の必要性、今後の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数499
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『間接援助技術の必要性、今後の課題について述べよ。』   印刷済み
     間接援助技術とは、地域福祉という地域ぐるみの支援体制づくり、さらには社会福祉援助技術の促進や直接援助技術を有効に活用する方法や技術の総称のことである。間接援助技術には以下の5つがある。
    1.地域援助技術
     地域援助技術(コミュニティワーク)とは、住民のニーズに応えて問題を解決し、社会福祉の増進のために住民や公私の機関・団体との連携や組織化、地域社会のニーズの把握、社会資源の開発、社会福祉計画の立案や運営管理を通じ、社会福祉的な地域社会づくりを目指した援助技術である。
    2.社会福祉調査法
     社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)の目的は、社会福祉の実態、対応するサービスや方策の問題を明らかにすることを通じ、問題解決や実践活動の改善に素材や資料を提供することで、単なる手段ではなく方法であり、一連の援助技術の推進過程で活用される技術である。
    3.社会福祉運営管理
     社会福祉運営管理(ソーシャル・ウェルフェア・アドミニストレーション)は、社会福祉サービスを合理的かつ効率的に運営・提供する過程からなる方法と技術である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。