「高齢化」に伴う社会病理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数658
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会高齢者子ども介護女性高齢化医療健康

    代表キーワード

    介護高齢化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『「高齢化」に伴う社会病理について述べよ。』
     「高齢化」とは、当該社会において人口構造に占める高齢者の比率が増大することである。高齢化社会とは、いうまでもなく高齢化が進行している社会のことである。WHO(世界保健機構)では、一応の目安として、65歳以上の人を高齢者とし、人口の7%以上を高齢者が占め、しかもこの比率が上昇し続けている社会を高齢化社会と呼び、人口の14%以上が高齢者によって占められ、その比率が恒常化している社会を高齢社会と呼んでいる。
     では、高齢社会とはどのような社会なのであろうか。人口構造が高齢化するためには、死亡率の低下と出生率の低下という2つが同時に出現した状態である。死亡率の低下と人々の長寿化を意味する。わが国は医療技術の進歩によって男女ともに平均寿命が延びており、世界最高の長寿国となっている。また、出生率の低下は子どもの数の減少を意味しており、いわゆる少子化である。つまり、高齢化とはただ単に人々が長生きするということだけではなく、次世代を担う子どもの数が少なくなるという現象が付随している。
     わが国よりも先に高齢社会となったヨーロッパ諸国をみてみると、ドイツ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。