社会心理学 集合行動の社会心理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,176
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『集合行動の社会心理について論ぜよ。』
       印刷済み
     集合行動の社会心理について考えていくうえでは、「スメルサーの集合行動論」や「ル・ボンの群集心理」を知ることが必要となる。
    1.スメルサーの集合行動論
     「社会的行為を再規定する信念にもとづく動員」がスメルサーの集合行動の定義であり、スメルサーは、社会的行為を4つの基本的な構成要素に区別している。それは、より一般的なものから、価値・規範・組織化された行為のための動機づけの動員・状況的便益の4つである。また、各構成要素は、高次から低次まで7つのレベルに分けられている。
     スメルサーによれば、集合行動が生じる特徴は何かといえば、それは、いったん高レベルの構成要素がその中で再構成された後に、社会的行為を再組織するために、ひとつずつレベルを下げていくのではなく、きわめて一般的な構成要素からストレーン(緊張)の焦点へと、最短でたどり着くように一般化された「信念」を発展させることであるとしている。
     しかし、「集合行動」が生じるには、「ストレーン」と「信念」だけでは不十分である。さまざまなタイプの集合行動を許容しやすくしたうえで、「ストレー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。