教育心理学 子どもの「不適応行動」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数572
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『子どもの「不適応行動」について述べよ。』
    印刷済み
     日常生活において、人々の欲求が何の障害もなく、すべてにおいて充足されることはまれである。現実には、多くの障害や困難のために、欲求が妨げられることのほうが多い。これらの欲求不満に対して、人々は自分を環境からの要請に適合するように変えたり、環境を自分に適合させるように働きかけたりして、適応しているのである。
    しかし、子どもの発達過程においては、乳児期には欲求不満に起因した反抗や、かんしゃくもちなどが見られることがある。ところが、次の幼児期段階になると、欲求不満に耐える力によって、欲求の満足が阻止されても不適応状態に立ち至らずに済ますことができるようになる。不適応の状態にまで立ち至るのは、欲求不満に耐える力が弱かったり、欲求の満足を阻止する力が強大で永続的であったりするときなどである。
     不適応行動がすべて欲求不満に起因するわけではない。しかし、子どもが発達過程で欲求不満耐性や統制の能力をしっかり獲得できない場合には、たちまち周囲の人たちや社会と衝突して問題を引き起こすことになる。つまり、反社会的な行動や非行といわれる問題行動である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。