教育心理学 子どもの「個人差」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数675
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『子どもの「個人差」について述べよ。』
    印刷済み
     人は皆、それぞれ違った個性を持っている。例えば、背の高い人や低い人、やさしい人や意地悪な人、また、顔つきも違えば考え方も違う。これらの違いを、全てひとまとめにして「個人差」という。
     個人差は、子どもの発達を考えるときにはとても重要になる。体ばかりが大きく育ってしまった子や、年齢の割に精神的にませている子、さらに一人一人の子どもには、大人たちの想像も及ばない大きな可能性が隠されている。そのような個性を見出して、個人の能力を伸ばし育てていくのが教育なのである。
     ここからは、子どもの個人差の中でも「知能」と「性格」について詳しく説明していく。
    1.知能
     人の行動には、昔から知・情・意と言われているように、知的行動・情緒的行動・意志的行動の3つの側面があり、それぞれに個人的な特徴があらわれる。
     情緒的行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念としては「気質」があり、この気質と意志的行動の両方を含めての行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念を「性格」として捉えているのである。
     知的行動には個人差があり、それぞれの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。