性差別と性の役割について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数666
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「性差別と性の役割について述べよ。」
     「性差別」とは、生物学的性差に基づいて人間を不平等に扱うことである。ほとんどの社会では、人間を男性と女性とに分類している。では、男性と女性には、どのような違いがあるのか。また、「男らしさ」や「女らしさ」とは、どのようなものなのだろうか。
     男性と女性の違いには、さまざまなものがある。例えば、男性は女性に比べ筋肉が発達し、瞬発力が優れている。ヒゲが生えるのも男性だけである。女性は男性に比べ脂肪が多く、持久力に優れている。子供を妊娠して出産できるのも女性だけである。これらは、世界中のどこでも見られる違いである。これは、生き物として生まれた時から決まっているオスとメスとの違いである。
     また、「男らしさ」「女らしさ」という点から見てみると、日本では、男の子は「男が泣くのは女々しい」と教えられ、女の子は、「女は勉強するより愛嬌が大切だ」と言われて育てられてきた。しかし、生まれた時から男性の方が女性より頭が良いことや、女性の方が男性より優しいわけではなく、育てられ方でそうなるのである。つまり「男らしさ」や「女らしさ」とは、社会の人達が「男はこうあるべき」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。