個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,593
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べよ。」
     個別援助技術は、面接と言う形態をとって展開することが多い。面接の対象は、クライエント(利用者)だけの場合もあり、クライエントの家族だけの場合もあり、その両者の場合もある。面接とは目的をもったメッセージのやりとりであり、その目的に到達するためには漠然と話をするのではなく、かといって、目的に向かって一直線に聴きたいことだけを質問するものでもない。一方から発信されたメッセージを受けとめ、感じ、考えて判断し、他方へ向かってメッセージを発信するということが相互に繰り返される。
     面接の際、人間は言語的メッセージのみで他者とのコミュニケーションをとっているわけではない。言葉をはっしていなくても、そこに存在しているだけで多くの情報をまわりに発しているものである。部屋の中での位置、ワーカーとの距離、対面するときの角度、姿勢、態度、視線、表情などの言語以外のメッセージが、意識的にしろ、無意識的にしろ、そのときどきのクライエントの心の状態を表している。これらの非言語的メッセージは、ワーカーとクライエントの関係や問題解決にとってきわめて重要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。