個別援助技術の理論と内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数542
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「個別援助技術(ケースワーク)の理論とないようについて述べよ」
     個別援助技術は、利用者や援助者の目の前に存在する困難状況を取り除くこと、そして、利用者が遭遇している困難状況は社会問題の一角でもあるとして、社会問題を見据えながら問題解決を支援することである。つまり、本人のパーソナリティの安定を図ると同時に福祉サービスを調整し、生活環境が改善されることを目的として援助はすすめられなければならない。
     このような個別援助技術も、長い歴史の中で多様な理解が示されてきた。多くの理論家の定義は過去のものではなく、現在の個別援助技術や社会福祉実践に脈々と受け継がれている。多くの理論家の定義としては、次の8つの定義がある。
    1.リッチモンドの定義(1992年)
     M.リッチモンドは個別援助技術の語源であるケースワークという言葉を最初に用い、その考え方を明確にした人物である。そして、次のように定義している。「ソーシャル・ケース・ワークは人間とその社会環境との間を個別に、意識的に調達することを通して、パーソナリティを発達させる諸過程からなっている」リッチモンドの個別援助技術に対する貢献は、援助技術の過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。