社会福祉援助の技術と援助過程ついて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数451
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会福祉援の技術と援助過程ついて述べよ。」
     社会福祉援助技術は、人々が社会生活をするうえで遭遇する、さまざまな社会生活困難や生活障害に対応して、それらの困難や障害を緩和・解決するために特定の専門の立場を持ち、また、人々の生活の質を高めていくための一定の理論と技術を持った実践的な仕事である。特に専門性を要請される理由は、何よりも社会福祉援助技術を実践する社会福祉援助者の自己の知的判断に基づいてなされる行為が人権に直接関わるものであり、サービス利用者の人権保障に直接責任を負うものでなければならないからである。さらに、社会福祉援助技術の特質は、対面的な援助形態を持った社会福祉援助者と、サービス利用者との人間的な営みに基づいた科学的専門的な方法である。このような、専門的な社会福祉援助技術として2つの直接援助技術、5つの間接援助技術、そして5つの関連援助技術がある。これらの援助技術の体系と概要をまとめると以下のようになる。
     直接援助技術
    ①個別援助技術
     支援者と、利用者やその家族、関係者とが面接をしていく。それによって、利用者の立場から環境を調整し、社会福祉の様々なサービスを通じ、科学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。