集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数659
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。』
     集団援助技術(グループワーク)とは、個人が抱えている問題を、集団の持つ力を利用して解決していくものである。例えば、個人で解決できない問題に対して、同じ悩みを抱えている人達が集まり、その中で意見を交換したり、交流したりしながら問題を解決するような方法である。
     集団援助技術は、社会福祉援助活動の場面で社会福祉の専門職として、ソーシャルワーカーが駆使する伝統的、かつ固有の援助技術の1つとして説明されている。しかし、集団活動そのものが「人間の生活の歩みとともにある」といわれるほど古い歴史を持つため、理論と実践の近代化に尽くした人物を特定しにくい。それは、集団援助技術を駆使した活動が、一種の社会活動や活動として受け止められ、その取り組みの成果の蓄積を通じて体系化されたことに起因しているためでもある。そのため、集団援助技術の発展史の起源をどこに求めるかは必ずしも定かにはなっていない。しかし、19世紀中ごろのイギリス社会にその萌芽があるとするのが一般的である。この時期を起点にして歴史的展開をまとめると5つの時期に分けることができる。
    ①萌芽..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。