精神保健福祉施策の概要について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数850
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「精神保健福祉施策の概要について述べよ。」
     本来、精神障害とは、いわゆる精神病と、平均から偏倚した精神状態のすべてを包括する上位概念と定義されている。しかし、実際には、精神病と同義的に狭く理解するものがあったり、非精神病性のさまざまな問題をもこれに含める場合があったり、その輪郭はきわめて漠然としている。その理由として3つのことが原因になっていると考えられる。
     第1の理由として、診断基準の難しさがある。精神障害の診断にあたっては、客観的なデータに基づく診断基準が存在しないのである。他の医学的領域では、例えば、肝機能障害では肝臓の働きを示す肝機能検査があり、健康な人についての正常値が決められている。さらに、検査を受けた患者の検査結果も客観的に数値が確認でき、それに基づいてウィルス性肝炎とかアルコール性肝炎など病名も決定される。治療も病名に沿って行われ、患者や家族の治療に対する不安や迷いも軽くなる。ところが、精神障害の診断の場合、機能検査は数種類の例外を除いては存在しない。また、「正常」と「異常」の判断にも、さまざまな社会的、哲学的な問題が含まれており、その境目は決めがたい。さらに、精神障害の生物学的原因がほとんど知られていないことから、診断は診断者の主観に基づいた「勘による診断」に頼らざるを得ないのである。
     第2に、時間的経過の必要性である。例えば、現在の精神医学の診断体系の基礎となっている内因的精神病を統合失調症と躁うつ病に二分したクレペリンの古典的な分類にしても、その境界を経過に求めたし、反応精神病を内因的精神病は横断面的には区別せず、後者が病全体として周期的・自主的経過をとることが確認されて初めて両者の分離が可能となるなど、精神障害の診断には、経過という判断が加わらざるを得ないのだ。
     第3には、時代的背景の影響がある。精神障害はその発生、病像、経過に時代的背景の影響を強くうけるという事実がある。統合失調症にしても、かつてはよくみられた精神運動興奮や昏迷を主な特徴とする緊張型が、今では、特に都市部においてはほとんどみられなくなったし、妄想などの病的体験の内容も変わった。うつ病が軽症化したり、中高年層で激増したり、不登校や摂食障害等、新しい形の精神不健康(非精神病精神障害)が登場したりして、古典的な精神病との関連で精神障害との関連で精神障害の分類をいっそう複雑にしている。
     このような状況の中で、精神障害を明確に体系化して分類することは困難である。横断面的症状と縦断面的症状、記述的記載と力動的理解のいずれかを軸とするかによって、これまでさまざまな分類が行われてきた。
     例えば、1群として従来から「精神病」と呼ばれてきた、痴呆や頭部外傷などによる器質的精神病、アルコールや薬物などによる中毒精神病、統合失調症や躁うつ病などの内因精神病などである。次に2群として、本人の性格特徴、ライフスタイルなどがより大きな原因となっている、神経症、心身症、人格障害、うつ病、不登校や家庭内暴力などによる思春期の精神的不健康などである。そして、3群にはその他の精神障害として社会福祉領域で重要な、知的障害やてんかんなどがある。
     このような、さまざまな精神障害者に対して、適切な医療を行うとともに、社会復帰対策、福祉対策を促進するため、各種の施策を進めている。その中には、精神障害者社会復帰施設の整備、社会適応訓練事業(通院患者リハビリテーション事業)、精神障害者社会復帰相談事業など、さまざまな施設や事業がある。
     精神障害者社会復帰施設を詳しくみていくと、7種類に分け

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉施策の概要について述べよ。」
     本来、精神障害とは、いわゆる精神病と、平均から偏倚した精神状態のすべてを包括する上位概念と定義されている。しかし、実際には、精神病と同義的に狭く理解するものがあったり、非精神病性のさまざまな問題をもこれに含める場合があったり、その輪郭はきわめて漠然としている。その理由として3つのことが原因になっていると考えられる。
     第1の理由として、診断基準の難しさがある。精神障害の診断にあたっては、客観的なデータに基づく診断基準が存在しないのである。他の医学的領域では、例えば、肝機能障害では肝臓の働きを示す肝機能検査があり、健康な人についての正常値が決められている。さらに、検査を受けた患者の検査結果も客観的に数値が確認でき、それに基づいてウィルス性肝炎とかアルコール性肝炎など病名も決定される。治療も病名に沿って行われ、患者や家族の治療に対する不安や迷いも軽くなる。ところが、精神障害の診断の場合、機能検査は数種類の例外を除いては存在しない。また、「正常」と「異常」の判断にも、さまざまな社会的、哲学的な問題が含まれており、その境目は決めがたい。さらに、精神..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。