臨床栄養学実験3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数433
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床栄養学実験b
    第3回 血清TC・TG・HDL-C測定
    2009/10/30
    *目的*
     血清を用いて血清TGテストワコー、血清総コレステロール定量、血清HDLコレステロールテストワコーを行う。また、計算式によりLDLコレステロール値を求める。それぞれの操作法を習得するとともに、測定値から被験者の脂質代謝状態を調べる。
    *方法*
    ①血清総コレステロール
     1.コレステロール標準液0.1ml(マイクロピペット)を試験管にとり、これに塩化第二鉄使用液8.0ml(10mlメスピペット)を加え、総量8.1mlとする。この内容物を良く混和したのち、これから3mlを別の試験管にとり、試料液(血清コレステロール)の標準液とする。
     2.別に蒸留水0.1ml、塩化第二鉄使用液8.0mlを試験管にとり、よく混和したのち、これを3ml別の試験管にとり盲験用とする。
     3.血清0.1mlを試験管にとり、塩化第二鉄使用液8.0mlを加え、よく混和してから10分間放置し、濾過する。
     4.3の濾液3mlを試験管にとる(2本)。
     5.標準液用、盲験用、濾液のそれぞれに、硫酸2mlを管壁に沿って滴下する。パラフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。