臨床栄養学実験2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数484
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床栄養学実験b
    第2回 全血(貧血)検査
    2009/10/09
    *目的*
     全血を用いて比重測定、血液型検査、血色素測定、ヘマトクリット値測定、ヘモグロビンBテストワコーを行う。それぞれの操作法を習得するとともに、測定値から被験者の貧血状態を調べる。
    *方法*
    ①比重測定(硫酸銅法)
     1.比重が1.048~1.060の硫酸銅液を、それぞれ試験管に入れ、試験管立てに立てておく。
     2.注意深く混和した全血を毛細管ピペットで少量とり、まず比重1.056の硫酸銅溶液に液面上1cmの高さから1滴落とし、液中に沈むか、浮くかを観察する。なお、判定は約10秒位とする。
     3.比重1.056の液中に沈んだら、それより比重の重い液に滴下していく。浮き上がったら、それより比重の軽い液に滴下していく。このようにして、浮きも沈みもしないで、ちょうど液の途中でストップするところを見つける。
    ②血液型検査(ABO式血液型判定法)
     1.生理食塩水を用いて、被検血液10%浮遊液をつくる。
     2.載せガラス板の一端に抗A血清一滴を落とす。
     3.載せガラス板の反対側の一端に、抗B血清1滴を落とす。
     4.載せガ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。