食生活と環境・アレルギー様食中毒

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数1,220
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アレルギー様中毒食中毒とは
    赤味魚(マグロ、サンマ、サバ、イワシなど)を食べた後、顔面紅潮、じんましん、頭痛、めまい、吐き気などの比較的軽い症状がでる食中毒のこと。

    食中毒原因物質の分類

    アレルギー様食中毒の主な原因物質とは・・・
    ヒスタミン

    ヒスタミンとは
    ヒスタミンとは、血管拡張、腸管・子宮筋収縮などの作用があるアミンの1種。
    ヒスタミンは人の体内にもあり、主に動物の血液・組織中に含まれ、これが体内に過剰に遊離するとアレルギーの様な症状を呈する。
    マグロやサンマなどの赤身の魚には、ヒスタミンのもとになる物質、ヒスチジン(アミノ酸の1種で害はない)が多く含まれている。

    腐敗の過程
    食品とりわけ魚介類,肉などの生食品には様々なプロテアーゼ,リパーゼなどが含まれ,これらの酵素によって食品タンパクが自己消化をおこす。また同様な酵素類は食品を汚染し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アレルギー様食中毒
    食生活と環境
    アレルギー様中毒食中毒とは
    赤味魚(マグロ、サンマ、サバ、イワシなど)を食べた後、顔面紅潮、じんましん、頭痛、めまい、吐き気などの比較的軽い症状がでる食中毒のこと。
    食中毒原因物質の分類
    食中毒原因物質
    生物学的因子
    化学物質
    自然毒
    細菌
    ウイルス
    感染型
    毒素型
    アレルギー様食中毒
    植物性
    動物性
    微生物性食中毒
    化学性食中毒
    アレルギー様食中毒の主な原因物質とは・・・
    ヒスタミン
    ヒスタミンとは
    ヒスタミンとは、血管拡張、腸管・子宮筋収縮などの作用があるアミンの1種。
    ヒスタミンは人の体内にもあり、主に動物の血液・組織中に含まれ、これが体内に過剰に遊離するとアレルギーの様な症状を呈する。
    マグロやサンマなどの赤身の魚には、ヒスタミンのもとになる物質、ヒスチジン(アミノ酸の1種で害はない)が多く含まれている。
    腐敗の過程
    アミノ酸
    ヒスチジン
    アミン類
    ヒスタミン
    脱炭酸酵素
    脱炭酸酵素
    食品とりわけ魚介類,肉などの生食品には様々なプロテアーゼ,リパーゼなどが含まれ,これらの酵素によって食品タンパクが自己消化をおこす。また同様な酵素類は食品を汚染し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。