東西比較哲学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数398
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「プラトンの『イデア論』について説明し、それ
    が自分にとってどのような意義や関わりを持っ
    ているかを述べなさい。」
     プラトンのイデア論とは、僕たちが住んでいる世界(現象界)とは別に「イデア界」という世界があり、全ての変転しうる、変転する、且つ視覚的・感覚的な事物の背後には普遍的なものであり、真実であり、そして、その永遠不変で理想的な本質であるイデアが存在すると言う事である。そして、現象界での事物は、元をたどればイデア界の「本質」にたどり着く。例えば、「美しいもの」が存在するのではく、美しいものは、「美」というものをその内に内在するために、美しいと言う事になる。この「美」というものはイデアであり、美しいものを美しいものたらしめるものである。そして、我々は「美」というイデアを認識しているためにこの美しいものという感覚的なものを認識することができる。そして、我々は世の中にある不完全な美を「美」と捉えることができる。この不完全な美を「美」と認識できることは、不完全な美を「美」というイデアを通して「美」を我々に想起させていることなのである。例えば、椅子は「椅子」というイデアを内在し、この「椅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。