教育方法学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数398
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」
    今日、学校という国家の伝達装置を通して知識の普及をはかるまでもなく、知識はインターネットなどの電子媒体と市場を通じて、すでに充分に流通している。そのため学校の役割は大きく変化してきている。その中で、それぞれの地域と学校が生徒に対して意欲を引き出し、特色ある、個性的で創意工夫のみちた教育活動を実施させていく仕組みへと転換せねばならない。
    我が国の教育の情報化は、国際的にみて決して先進国とはいえない。これまでのわが国の教育では、学校という組織が先に存在し、教科内容もあらかじめ決められていて、個人がそれに適応することが求められてきたことに原因している。教育の個性化、学習指導の個別化が主張され始めたきっかけは、学習者に対する一斉指導への批判であった。それに対して学習者一人ひとりはもともと個性的で多様であり、その一人ひとりが学習する権利を有すると認識すれば、むしろお互いに協調しながら学習するような枠組みと、チー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。