学校教育職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数322
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「現代の「教師に求められる資質とは何か」に
    ついてまとめなさい。」
    「教師に求められる資質は何か」と考えたとき、まず大きく捉えて「様々な方面での理解・知識・適応能力、そして、愛情・豊かな人間性」を持っていなければいけないと考えられるだろう。では,この大前提ともなる教師に求められる条件は具体的に言うと、どのようなものなのだろうか。これから詳しく述べていく。そして、この「教師」に必要な資質や能力をめぐっての論議はいまだに多くなされている。そういった中で、1998年、当時の文部省は教育職員免許法を再び改正し、1997年6月18日には「小学校及び中学校の普通免許状授与に係わる教育職員免許法の特例等に関する法律」を制定した。これらの法の中で、教員養成の在り方について、文部省の政策・法規は教職科目を重視し、生徒指導力の向上と教職の使命感の高揚に力点がシフトされるようになってきている。では上記を踏まえて教師のあるべき姿について、「地球的視野に立って行動するための資質能力」、「変化の時代を生きる社会人に求められる資質能力」、「教員の職務から必然的に求められる資質能力」の3点から今一度まとめてみたい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。