西洋文化史2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数693
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「ヴィクトリア朝の女性のあり方と女性論に
    ついて論述せよ。」
     イギリスでは、16世紀のエリザベス1世をはじめ、19世紀のヴィクトリア女王など女王、いわば女性が活躍している。これはイギリスの歴史において活躍した女性たちが少なくないことを象徴的に示している。しかし、だからといってイギリスの社会が女性にとって生きやすい環境であったとは言えないのである。昔は日本でもあったと同様に、制度や慣習上、女性に対して大きな制約があった。例えば一般に女性は結婚すると、<夫婦は一心同体><家庭の天使>という美名のもとに、法律上の権利を奪われ、夫に従属せざるを得ないことが多分にあった。ここでは、この女性に対しての制約が発生し、強くなった時代のヴィクトリア朝を中心に、その時代にあった女性論をいくつか紹介しながら、その時代の女性のあり方を概説していく。そして、この時代に出た女性論は主に、女性に対する制約を助長する形になったのである。その辺りを詳しく下記に述べていく。
    中世の女たちは、上記で説明したような、制度や慣習で制約されているわけではなかった。働く女たちであった。その昔から、女たちは農業や酪農に多く従事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。