比較文学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数905
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      分身小説(文学)にはどのようなものがあるか。
    作家名、作品名、梗概(あらすじ)、作品の影
    響関係などをまとめなさい。
    分身小説は、18世紀から19世紀にかけて展開された文学運動であるロマン主義と相俟って生まれた。その時代背景が生み出したともいえるだろう。ロマン主義は、古典主義・合理主義に反抗し、感情・個性・自由などを尊重、自然との一体感、神秘的な体験や無限なものへのあこがれを表現した。これから比較し、そのあらすじを概説していく夏目漱石やエドガー・アラン・ポーもこの時代に含まれるだろう。しかし、過酷な世界から魂を解放してくれる想像の世界は、心の平衡を保つ反面、現実との平衡が崩れると自我の分裂を引き起こし、分身が生まれる。また孤立した人は自意識過剰になり自分がわからなくなり、自分を探ろうとし、見る自己は見られる自己を客体化し、そこでもまた、分身が生まれる。そして、さらに、近代化が進む中で他者とのコミニュケーションが複雑になり、人々は孤立し他者に対し懐疑的になる。そこで探偵が生まれる。ロバート・ルイス・スティーブンソンの『ジキル博士とハイド氏』は典型的な分身物語であるし、そして、探偵シャ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。