英文学研究1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数585
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    宗教文学表現個人伝統象徴儀式

    代表キーワード

    英文学研究宗教

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「「灰の水曜日」について、あるテーマを
    選んで論述せよ。」
    タイトル「悔い改めよ。神に立ち戻れ。」
    「灰の水曜日」はT.S.エリオットが、彼の宗教をアングロ・カトリシズムに変え、イギリスに帰化してからの、最初の重要な作品である。それ以前は消極的、逆説的な形をとっていた宗教に関するテーマが、この期を境に、積極的な形で表面にあらわれてきた。この作品でも、宗教的なアリュージョンが盛んに用いられているし、その象徴やヴィジョンやアレゴリイがきわめて主観的で、なおかつ複雑なニュアンスで使用されている。これはこの作品に限ってのことではなく、この事が、T.S.エリオットの作品を難しいものにしている。そしてこれは、彼の宗教詩に顕著である。エリオットは、詩は「情緒からの逃避」であるといって、詩における感情の表現を抑制することを説いた人である。感情表出のロマン派詩人を批判し感情抑制の古典主義を擁護した。しかし、実際はそうではなくて、彼の詩はきわめて個人的な感情を表現しているという説をジェイムズ・ミラーは「T.S.エリオットの私的な荒れ地」(1978)で述べた。この作品は特にT.S.エリオットの「荒れ地」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。