教育方法学

会員3,780円 | 非会員4,536円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,402
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育方法学

    ①教育思想の歴史から、我が国の教育が近代化するときの教育理念とポストモダンにおける教育での理念とを比較してその違いを述べよ。

    社会の中で自立し、社会そのものの支配的な構成原理ともなってしまった学校像を、もう一度人々の社会生活の内部で描き直し、学校本来の役割と位置を確定していこうという発想が、現代における学校観の「転換」にみられる。現在の学校の在り方を、「学校にもっと自由を」というスローガンのもと、子どもの立場に立って問い直していく。現在の学習を将来の社会的達成に目的合理的に結びつけていこうとするモダニズムの学校が、「学校」のモデルとしての意味を失ってきている。これに代わって、現在に生きることの意味を充足させていくことへと「転換」された学校が、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法学
    ①教育思想の歴史から、我が国の教育が近代化するときの教育理念とポストモダンにおける教育での理念とを比較してその違いを述べよ。
    社会の中で自立し、社会そのものの支配的な構成原理ともなってしまった学校像を、もう一度人々の社会生活の内部で描き直し、学校本来の役割と位置を確定していこうという発想が、現代における学校観の「転換」にみられる。現在の学校の在り方を、「学校にもっと自由を」というスローガンのもと、子どもの立場に立って問い直していく。現在の学習を将来の社会的達成に目的合理的に結びつけていこうとするモダニズムの学校が、「学校」のモデルとしての意味を失ってきている。これに代わって、現在に生きることの意味を充足させていくことへと「転換」された学校が、そこで促進され強化されたポストモダンの生き方を、やがて子どもたちがその中に入っていく社会の在り方をも転換していくだけの永続する価値として着床させていくことができるかどうか。
    ②我が国の子どもの学習意欲を高めるために、どのような授業作りをしたらよいかをテキストの内容をふまえながら述べよ。
    現在、我が国の子ども達の学習意欲が深刻な状態にある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。