家庭科教育法 レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,258
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「あなたの住んでいる地域(地方)で、是非取り上げたい衣食住に関する事柄を題材にした、小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。」
    家 庭 科 学 習 指 導 案
    実 習 生       
    指導日時 2008年10月22日(水)第4時限
    指導学級 6年2組(男子12名、女子15名、合計27名)
    指導場所   小学校舎 1階 家庭科教室(実習室)
    題材名(単元名) 「食生活における地域の特産物」
    題材設定の理由 
    ①教材観 
    家庭科は「家族の一員として生活を工夫しようとする実践的な態度」を育てることを目的としている教科である。特に、いまや「食育」と呼ばれ注目されている「食生活」については、生きるうえで重要な分野である。また、家庭や地域社会との連携を図り生涯学習の視点を踏まえ、学校における学習と地域社会における実践の結びつきに関わる内容である。
    「いちじく」は地域の特産物でありながらも、子どもたちには馴染みのない食品である。家庭でも調理して食べることは少ないと思われる。ここでは、「いちじく」を簡単に調理して、地域の特産物への関心を深めることを目的とした題材である。
    ②児童観
    3年生で「いちじく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。