学校と社会 デューイ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,529
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず『学校と社会』の概要を簡単に述べる。

    デューイは、記号的・形式的なものを暗記し、それを試験する、というようなことを繰り返す受動的・機械的な伝統的教育を批判した。

    学校外の経験を学校内で利用し、また学校で得た事柄を日常生活に応用していく、すなわち学校と社会生活の相互作用が必要だとして、学校を小型の「社会」と位置づけた。

    真の教育は、子供を中心的に考えて、社会生活を元にすることで、興味を引き出していく。

    単に興味を野放しにしておくのではなく、引き出した興味を利用して、子供の活動を適切に指示することで、一定の進路に沿って働かせていくことが可能となる。

    またそれが新たな興味を引き出していき、結果的には主体的に多くのものを学ぶことにつながっていくのだ、と説いた。

    以下ではデューイの思想・考え方を元に著作をさらに考察していきたいと思う。

    デューイは、南北戦争や産業革命など一生涯にわたって、社会の激動の時期に生きた人物である。

    その環境は、彼の哲学・思想に非常に大きな影響を与えた。

    デューイと出会った多くの人達もまた多大な影響を与えた。

    これらの影響は著書にも所々で色濃く見られる。

    デューイが実

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず『学校と社会』の概要を簡単に述べる。
    デューイは、記号的・形式的なものを暗記し、それを試験する、というようなことを繰り返す受動的・機械的な伝統的教育を批判した。
    学校外の経験を学校内で利用し、また学校で得た事柄を日常生活に応用していく、すなわち学校と社会生活の相互作用が必要だとして、学校を小型の「社会」と位置づけた。
    真の教育は、子供を中心的に考えて、社会生活を元にすることで、興味を引き出していく。
    単に興味を野放しにしておくのではなく、引き出した興味を利用して、子供の活動を適切に指示することで、一定の進路に沿って働かせていくことが可能となる。
    またそれが新たな興味を引き出していき、結果的には主体的に多くのものを学ぶことにつながっていくのだ、と説いた。
    以下ではデューイの思想・考え方を元に著作をさらに考察していきたいと思う。
    デューイは、南北戦争や産業革命など一生涯にわたって、社会の激動の時期に生きた人物である。
    その環境は、彼の哲学・思想に非常に大きな影響を与えた。
    デューイと出会った多くの人達もまた多大な影響を与えた。
    これらの影響は著書にも所々で色濃く見られる。
    デューイが実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。