カウンセリング論

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数620
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カウンセリングとは、何らかの悩みや問題を抱えた人あるいは抱えそうな人が、その解決や処理・決断に困難を感じたとき、援助を必要とするクライエントと、専門的訓練を受けた援助者であるカウンセラーが、面接やグループワークによる言語および非言語的コミュニケーションを通しての心理的相互作用によって、行動の変容を試みる援助的プロセスである。どのような行動の変容を目指すかによって、次のように分類される。①問題解決の方法と手立てを援助する「治療的カウンセリング」、②問題や悩みが生じる前に対策を講じる「予防的カウンセリング」、③問題の意識化や目標達成のための援助を行う「開発的カウンセリング」といったものがある。
     次にカウンセリングの必要性について述べる。現在、核家族化の進行、都市化に伴う近隣地域との連帯感の希薄化、個人や家族の孤立など、人間関係の変化が起こっている。そのため、周りの人との協力によって解決できた問題も、現代社会では孤立無援で、精神面での負担が非常に大きくなった。また、過去の価値観や教育観、生活環境が急変した。この急激な変動に適応するための精神的負担もまた大きいものである。カウンセリングの目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。