教育の社会学

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数283
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    90年代半ばに問題化した女子高校生の性的逸脱現象(ブルセラ、援助交際)、多くの女子高生がブルマやセーラー服を売り、セックスワークにより金銭を受け取るという一連の行為群について考察していきたい。
     女子高生の実態に世間の耳目が集中したのは94年8月の新聞各紙社会面の記事の影響が強いのではなかろうか。『テレクラ・ツーショットに電話、中二・三女子の27パーセント』(日経新聞)、『今どきの女子中学生…テレクラ四人に一人「経験あり」』(読売新聞)、『中学生までテレクラ体験、実際はもっと多い?』(朝日新聞)といった見出しがおどり、親や教師たちは「個人的にはそういうことがあっても不思議じゃないと思っていたが、表立って話題にはできなかった」という認識を多く共有しており、先のようなデータが公表されたことでその実態に目を向けざるをえなくなった。
     約10年経った今、ブルセラに関する言説は少なくともメディアからは完全に消え去り、インターネットや携帯電話の普及によりいわゆる援助交際の場や手段がテレクラから出会い系サイトに比重を移し替えたと考えられる。自分の穿いていたブルマやセーラー服を売る、出会い系サイトで知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。