生徒指導の意義・役割

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,214
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導の意義・目的というのは、単に児童生徒の問題行動の対処という消極的なものではなく、教科の指導だけではなく学校生活全般にわたって児童生徒の1人ひとりの個性を伸ばし児童生徒の人間性の発達を促していき、有意義でかつ興味深い充実した学校生活を送ることが出来るということである。
     進路指導というのは単にその学校を出た後の進路先を探すという「出口指導」ではなく、「生きる力」を育て、学校を出た後の人生をいきいきと生きることが出来るようにという自己実現を支援する継続的な指導なのである。そのように考えると進路指導も生徒指導の主要な内容となるということが言える。
     キャリア発達・教育という観点から進路指導に関して見ると、知的能力や身体能力が飛躍的に発達するが、自己意識は未熟な段階にあり、確固とした将来像を描くことが難しいのが小学校の段階である。この段階では将来の進路選択に結びつくような豊かな体験を得ることが可能であり重要である。総合的な学習の時間を進路指導の観点から組み立てていくことが出来、そのことは重要であるが、不断の学校生活を充実させていくという意味で、積極的な意味での生徒指導は重要であるという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。