高次脳機能障害

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,036
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【高次脳機能障害の主な原因】
     脳卒中・脳出血・脳梗塞・頭部外傷・くも膜下出血
    【ヒトの脳は左右の大脳半球にわかれる】
     右は視覚認知・左は言語を司る
     脳障害により左大脳半球は失語・右大脳半球は注意障害が起こる
     脳卒中の急性期には意識レベルに注意する
     意識レベルの低下は高次脳機能の低下につながる
     
    【脳卒中後の注意障害】←脳卒中になると注意障害を含むことが当たり前
     注意機能の分類は以下のものに分類される
     ①覚醒度、②持続的注意、③選択的注意、④注意の転換性(転動性)、⑤配分的注意
    【記憶障害】
     ≪時間軸による記憶の分類≫
    a)
     b)
       
    c) 過去 未来
     d) 視覚性記憶(右脳):障害されると図形が覚えれないことや服が切れないなど
       言語性記憶(左脳):傷害されると聞いたことを覚えれない
     e) 手続き記憶:日常生活で使用される記憶(自転車の乗りかたとか)
     ≪内容の質による記憶の分類≫
                  
      陳述記憶:言葉・イメージで表現できるもの
      エピソード記憶:「先週~を買った」とか出来事の記憶
      意味記憶:数字や単語など知識的な記憶..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。