運動発達

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数920
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    運動学 運動発達
    ◆運動発達の機序
    頚定、寝がえり、はいはい、つかまり立ち、伝え歩き、ひとり立ち、歩き始めが発達の流れである
    座位からつかまり立ちしすぐに歩く子や、座位の後下肢をつかいいざって移動し歩行開始が1歳6か月以降になるなど正常でもいろいろある
    おもな運動発達
    頚定(首の座り):乳児の首を支えないで立て抱きにできる状態
            3~4か月で坐るが体を斜めに傾けたり横抱きにしても頚がしっかりしてくるのは5か月以降である
    寝がえり:背臥位から腹臥位へ、腹臥位から背臥位へ寝返ることをいう。
         5か月ごろから行うが最初は一方向のみが多い
         背臥位から腹臥位、腹臥位から背臥位は6~7か月以降に見られる
    坐位(おすわり):お座りには4種類あるがどれも個人差がある
    腰を支えると座れる               (5か月)
    背を丸くして両手をついて坐る          (6か月)
    背を伸ばして手を離して坐る           (7か月)
    座ったままで体をねじって横や後ろのものをとれる (8か月)
    はいはい:臥位で移動することをいう。
    最初は後ろや回るだけだが、8か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。