関節リウマチ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数545
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    関節リウマチについて
    【概要】
    多発性の関節痛と関節腫脹を主症状とした原因不明の破壊性、進行性の炎症性関節疾患である。手や足の小さい関節あるいは肘、膝関節などの疼痛と主張で初発し、しだいに全身の関節を侵す。当初は関節滑膜炎からパンヌスを形成し、炎症が軽快と憎悪を繰り返して、関節軟骨や骨組織が破壊され、関節の変形、線維性拘縮、また強直をきたす。そのため早期診断、早期治療が重要である。*悪性関節リウマチは、血管炎や神経炎が  強く、全身の臓器が侵される。予後悪い。
    【頻度】
    20~50歳代に多いが、最近高齢で初発する患者もみられる。女性患者は男性患者の約5倍である。患者の約15%は多関節破壊や諸々の全身性合併症のために重度機能障害者となる。
    【病理組織所見】
    典型的な滑膜組織像は、絨毛状の滑膜増殖、滑膜表層細胞の増生とフィブリノイドの沈着、リンパ球や形質細胞を主体とする炎症細胞の浸潤、リンパ濾胞形成などである。
    滑膜内に認められるリウマトイド結節は皮下結節と同じ組織像であって、中心部に壊死巣があり、その周囲に間葉系細胞が棚状に配列する特異な像を呈する。滑膜に由来する遊離体である米粒体には、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。