ブラウンセカール症候群について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数13,042
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ブラウンセカール症候群とは
    ・外傷等の障害により脊髄の半側が切断された状態を指す。
    (脊髄反側切断症候群)
    症状としては、損傷された位置と、下位の健側温痛覚麻痺と患側の全知覚麻痺、識別的触圧覚麻痺、運動麻痺を生じるが、純粋なブラウンセカールはまれである。不完全な部分症状の集まりであったり、脊髄の半側切断の症状に諸症状が混在した形のことが多い。一側の皮質脊髄路や脊髄視床路、時には後索などが障害された結果として、一側下肢に筋力低下があるのにその側の腱反射亢進や筋緊張亢進を認めたり、健常な筋力を持った一側下肢に温痛覚脱失を認めたりする。 ただし急性期(発病初期)には腱反射亢進や筋緊張亢進を認めないこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。