家族関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数399
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    家族の役割配分の構造は、4つの規定で成り立つ。

    1つは性別役割分業である。これは、例えば家屋の近くで筋力を使わない仕事は、女性の役割、長時間住居を離れて筋力を使う仕事は男性など、性別によって役割をわけるものである。

    2つ目は社会規範である。これは社会や文化によって規定され、期待される行動様式のことである。例えば

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族の役割配分の構造は、4つの規定で成り立つ。
    1つは性別役割分業である。これは、例えば家屋の近くで筋力を使わない仕事は、女性の役割、長時間住居を離れて筋力を使う仕事は男性など、性別によって役割をわけるものである。
    2つ目は社会規範である。これは社会や文化によって規定され、期待される行動様式のことである。例えば家族役割を自分の両親の行動から学習し、一定の役割イメージを持って結婚し、そのイメージに従って自分の役割を認知し遂行する。又、相手の役割を期待する等の行動を社会規範と言う。伝統社会では、役割に世代内の共通性と世代間の継続がみられる事が多いのはこの為である。また社会規範は、その規定から逸脱す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。